Room2916795

観劇は麻薬。好きなことだけ気の向くままに。

今年のオススメベスト40 番外編

今年のオススメベスト40番外編ですー。

この先は一言の感想もなく書いております。決してめんどくさがったり、書き切らないとかではないですよ、決してね。

 

番外編ってなんやねんって感じですが、ベスト40の中には入らないけども、少しでも心に残ったというか、

「 演出・役者等ベスト40入りはしないけども、面白かったなと思う作品(好みでなかった作品も含む)」の一覧です。

つまりあと一歩で賞みたいなやつです←

 

↓↓↓↓↓

*ALTER BOYS Team Gold

*〜崩壊シリーズ〜「リメンバーミー」

*紳士のための愛と殺人の手引き

*エンドルフィン

*狐姫

*魔都夜曲

*パジャマゲーム

*アダムスファミリー

*四谷怪談 雪ノ向コウニ見タ夢

*スマートモテリーマン講座

*ダークマスター

*DOG FIGHT

ペールギュント

*通りを抜けて、街を背に

以上14本でした!

 

結局2018年観劇作品(複数回含む)は

1月→トークイベント2回、LIVE1回、観劇9本

2月→LIVE1回、観劇20本

3月→観劇20本

4月→トークイベント2回、観劇14本、WS3回

5月→トークイベント2回、観劇16本

6月→LIVE1回、観劇19本

7月→トークイベント1回、観劇14本(朗読劇含む)ライビュ1回

8月→観劇15本

9月→コンサート2回、イベント2回、観劇15回

10月→観劇21本

11月→コンサート2回、観劇16本

12月→観劇19本(ライビュ1回)

 

合計観劇198本、トークイベント7回、LIVE・コンサート7回、WS3回、ライビュ2回

でした!!

なぜかはてブロに更新できないので、プライベッターに一覧載せてます。(そして抜けと日付間違いはたぶんある)

2018年 観劇・LIVE・イベントまとめ - Privatter

 

例年より多すぎてびっくりだよ!!!笑

来年は去年(2016年)よりは複数回も遠征も減らして、もうちょっと感想書けるようになりたいですな。

 

元々書く気力のわいた公演の感想ブログでしたが、推しの公演書くうちにちょこちょこ書く機会が増えて…今年はかなり書いたような気がしますが、まだまだですね。

 

でもまあ…今年一年ありがとうございました!

観劇納めも30日に無事終え、こうして観劇まとめ的なのも完了したので、心穏やかに年明けできそうです。

…書き残しはありますが。

 

年始の観劇はじめは、仕事はじめ後にあるので、それまでが憂鬱且つ、初っ端から天敵シェイクスピア作品なので、不安しかありませんが、来年は予習して作品に挑めるよう頑張ろうと思います!

あと絶対本数減らす!!笑

 

今年のオススメベスト40④

ようやく最後になりました。今年のおすすめベスト40。

年内に終わるかどうかは神のみぞ知る状態ですが、行けるとこまでいきましょー!

ベスト30までは下記の通り。 

mpraboksm.hatenadiary.jp

 

mpraboksm.hatenadiary.jp

 

mpraboksm.hatenadiary.jp

 

ラストの10選はこちら!

*THE CIRCUS! ―エピソード1―

*30×30 pair.86『Critical Creation × ユニットまいあがれ』

人間風車

*土砂降りボードビル

*デパート!

散歩する侵略者

*五彩の神楽(憫笑姫/賊義賊/心踏音/戰御史/荒人神)

*メンフィス

*HEADS UP!

*舞台「刀剣乱舞」ジョ伝

 

 

THE CIRCUS! ―エピソード1―

www.thecircus.jp

 屋良さんと映像の平方くんにホイホイされていきました。

ダンスバリバリ踊るし、ストーリーもちゃんとあるし、やべぇな!?ってなりました。田野ちゃんかっけーっす。

アメコミ映画を1本見た感じ。

エピソード0から観たかった~!ってなりますが、まあまあストーリーはわかるので、エピソード2からでも問題ないかと!

 

 

30×30 pair.86『Critical Creation × ユニットまいあがれ』

www.ka-geki.com

火ゲキですねー。

照明と役者がマッチして幻想的な世界になってたCritical Creationと、共依存的なまいあがれ、どっちも30分以上観てたかのような濃い作品でよかったなぁー。

火曜のゲキジョウはついついめんどくさがって(名前の通り火曜にあるので)2回しか行けずでしたが、次またあるならば、もうちょっと観に行きたいなぁ…。

 

人間風車

www.parco-play.com

 予習してた2000年版と結末も一部内容も変わってた上にグロホラー度が増してて、考察色々したかった作品。

正直1回でいいけども、じわじわくる。

 演劇ってこんな風に自由に結末を選べるからいいよねって言われてる感覚でした。

とりあえずDVD出るので、いろんな年度を見比べしてほしいし、上映会して考察会したいような作品でした。

 

土砂降りボードビル

tc-alp.com

 夏に空中キャバレーで気になったシアターカンパニーアルプの本公演。弾丸旅行して観に行きました。

オムニバス的作品なのに、1本1本が濃くて、あの場でしか観れないのが歯痒い。

 詳しく感想書いてるので、以下省略。

mpraboksm.hatenadiary.jp

 

 

デパート!

www.show-biz.jp

デパートで巻き起こる従業員達の話。

ハッピーエンドかと思いきや、唐突に泣かせにくるというね!!!!

とりあえずトトが可愛いです。中の人の2役のお得感とギャップが凄い。好き。

DVD出るので楽しみです。

あとたぶん今後クリスマスシーズンのデパートを観ると必ず思い出しそうな気がする。

 

散歩する侵略者

www.ikiume.jp

 再演です。そして今年2本目のイキウメ。

人間に乗り移った宇宙人が、人間から概念を奪い、理解する話です。

終盤は泣かずにみれないし、とりあえず前知識なく観てくれってしたい作品かもしれない。

 

五彩の神楽(憫笑姫/賊義賊/心踏音/戰御史/荒人神)

gosainokagura

 壱劇屋さんの五彩の神楽はひとまとめにしないと終わらないのでひとまとめにしました。笑

憫笑姫だけ下書き保存のままですが、その他は感想書いてるので省略します。

DVDもいいけど、壱劇屋のノンバーバル殺陣シリーズは劇場で観てこそ、だとおもうので…来年の東名阪ツアーで独鬼ありますし、春はNMB?のりなっち主演でも作品あるので…殺陣スキーは観に行こうぜ…!!

 

mpraboksm.hatenadiary.jp

 

 

mpraboksm.hatenadiary.jp

 

 

mpraboksm.hatenadiary.jp

 

 

mpraboksm.hatenadiary.jp

 

メンフィス

twitter.com

なんでツイッターのアカウントかって?仕事(消す)が早いんですよ!!!○リプロ!!!だから公式HPがもうないんです。

黒人音楽(ブラックミュージック)好きな白人のヒューイ・カルフーンが、黒人の歌姫フェリシアに恋をして、彼女の歌や黒人が歌う歌をラジオやテレビで放送して…というような作品。

人種差別だなんだと色々重い内容もあるんですけど、濱めぐさんの歌や、山本さんの空気のように当たり前にいて且つ土台をしっかり支えてる出っ放しの主人公っていうのか本当にすごかったし、劇場の舞台装置含めてこれすげーなって思うくらいには今年上位に入りそうな作品でした。感想もしっかり書きたかった…(書きかけて現在下書き)

再再演するか、CDとかDVDだしてくれー!ってなるやつ。

とりあえず山本耕史氏は凄いってことがわかったので、今度から舞台あったら出来る限り足を運んでみようとは思ってます。

 

HEADS UP!

www.m-headsup.com

これね!ほんとね!!

観劇好きな全人類に見てほしい。

素の劇場からセットを組み立てて舞台(ドルガンチェの馬)をやり遂げ、バラシまでワンセットとして観れるんですけど、裏方さん達の努力が観れるし、「お客様の為に何が何でも公演をやる!」精神がもうね…最高です。

これもまだ感想ちゃんと書けてないですが、これから地方まわって最後に東京あるので、お近くの公演に是非とも行ってほしい。

今ならまだ間に合う!な公演です。

 

舞台「刀剣乱舞」ジョ伝 三つら星刀語

www.marv.jp

今年最後のオススメはこれですね刀ステ。

基本2.5次元舞台はコスプレにしか見えなくて、遠目から見るので精一杯なくらい苦手なんですけど、これだけは自分の中でどうやら別枠のようです。

感想書いたのである程度は省略しますが、作品全てを見返したくなる、そんな作品です。

あと黒田親子がしんどい。

mpraboksm.hatenadiary.jp

 

 

っていうので終わりですね!?終わったーー!!

年内に書ききったぞーーー!!

でもあと少しだけ、番外編書こうと思います。

 

今年のオススメベスト40③

今年のオススメベスト40その③です!!!

20作品は下記からどうぞ。 

mpraboksm.hatenadiary.jp

mpraboksm.hatenadiary.jp

 

後半20作品のうちの今回の10作品はこちら。

*天の光とすべての私

*ビューティフル

*家族百景

デスノート

*RENT

煉獄に笑う

レミゼラブル

*グローリアス!

*WILDe BEAUTY

 *レディベス

 

今回も時間がないのでサクサク行きまーす!!!

 

天の光とすべての私

stage.corich.jp

 水木たねさんの一人芝居のユニット…?でいいのかな?

坂本企画の坂本さんの本と、水木さんの儚さというか、美しさというか、世界観がマッチするのは経験済みだったので、速攻で予定に入れた作品。

宇宙飛行士になるのが夢の女性が宇宙飛行士の試験を受けて…なお話。

一人芝居とは思えないほどの熱量で、時間があっという間にすぎていたし、なにより彼女の最後の選択がぐっときてよかったなぁって。

とりあえず一度水木さんや坂本企画さんを観てくれしたい。(坂本企画さんは久々に来年2月に本公演あります)

 

 

ビューティフル

www.tohostage.com

ソニンちゃんとあっきーさんでるの!?行く!!!と飛びついた作品。

水樹奈々譲で見るつもりが、ちょっと予定変更で平原さん回を見たんですけども、これもう最高すぎてなんで帝国劇場でしかしなかったの!?関西も来るべきでしょ!?って思うくらいめちゃくちゃよかったんですよ!!!!複数回したかった!!!!日程調整できなかったのが一番つらい!

キャロル・キングカーネギーホールでコンサートを開くまでの話なんですけど、実際にキャロル・キングらが作った曲や、バリー・マン&シンシア・ワイルが作った曲まで聞けて「あ、コレ知ってる!!!」って必ず1回以上なるし、なにより多幸感満載になる。

 フランケンシュタインとともに今年の帝劇主催作品再演してくれ亡霊です。笑

 

 

家族百景

stage.corich.jp

 七味さん主催とか行くしかないやーん!ってしてたんですけど、予定調整がうまくできずにこっちしかみれず。

おじいちゃんとおばあちゃんの馴れ初めから今までの話を聞く話なんですけど、おじいちゃんとおばあちゃんの役者さんが5人くらいいてそれぞれ変わるっていう。

結末はすごい重いんですけど、色々自分も考えなきゃなーって思わせられたので、よかったかなと。あと正直出演者が多いので目が足りなかったとこはある。

 

 

デスノート

www.umegei.com

 再演です。大阪はグランギニョルと被ってたので、ちょっと厳しいかなって思いながら浦イトをぶちこみ、なぜか東京まで柿ラを観に行ってたくらい沼に落ちてました。

まあ柿ラとともに石井さんリュークも観たかったってとこあるんですけど。

原作とも、映画とも、テレビとも結末が違うミュージカル。

原作推しでもこれはこれでありかなってなるし、浦イトみたら、柿ラをみたくなるし、柿ラをみたら、浦イトをみたくなるエンドレスループかもしれない。観たときは1回でいいかなってなるのに。笑

Wライト対決する小池Lすげーなってなるし、なによりふうかちゃんミサミサかわいいし、レムのミサ愛がやばい。

音楽は耳に残るし、再演から参加の石井さんが推しまくってたのもわかる気がする。

 

 

RENT

www.tohostage.com

 これは外せないでしょう!!!!!

これもまた大阪公演はグランギニョル真っ最中とどん被りっていうなか行きました。

2年前に見たときよりも村井マークがより主役感なくなっていてる自然な「あ、そういえば主人公やったね!」状態でよかったし、なにより平間エンジェルは2年経ってもエンジェルでした。つらい。

マークとジョアンヌのタンゴが聞きたいのでTENTHワンチャン…ないかな。

 

 

煉獄に笑う

www.rengoku-stage.com

 はいもうこれね!ミュージカル界の推しと、若手界の推しが共演したのにDVDにダイジェストしか残らないやつですね!!!(泣)

 千秋楽の感想書きっぱなしで放置してますが、とりあえずは自分的初日の感想書いてるので、省略。

 丹波さんのカッコよさと、一波がしんどいです。

mpraboksm.hatenadiary.jp 

 

レミゼラブル

www.umegei.com

軽い気持ちでアンジョルラスとマリウス目当てで行ったら、アンジョルラスだけでなく、グランテールやガブローシュとかの学生運動組に落っこちました。

結末がわかってるのに、アンジョルラスらの生き様を見届けたくて、後半組に通えるだけ通ってしまったこんなはずじゃなかった作品。

2年後の再演はだれが出るのか楽しみです。

 

 

グローリアス!

www.glorious-stage.com

篠井さんでるなら~!となんとか予定をあけていきました。

音痴で金持ちの歌姫、フローレンスがピアノ弾きのコズメと出会い、カーネギーホールコンサートをするまでの話。(おや?と思った人もいるでしょう。そうです、ビューティフルと同じカーネギーホールです!笑)

彩吹さんの3役のギャップが凄いし、篠井さんのマダムが(フローレンス)かわいいし、水田さんのコズメが愛おしい。

よくまあこのキャスティングにしましたね!?ってくらい3人ともぴったりだし、 笑えてた作品を最後にぐっと泣かせに来るのずるいよね!!!(仕方ない)

これほんと大阪公演は平日だけだったのが悔しいから、土日で再演しにきてほしい。

 

 

WILDe BEAUTY 

hpot.jp

C7*1のおかげで知ったDIAMOND☆DOGSの公演。初見でした。

ビジュアルが好きだし、小野さん出てるし、おぎーさん演出だし…と思ってたらとても妖艶で不思議な世界をみせられたし、いまだによくわかってません。

でもこれ複数回みてたら確実に沼に落ちる感じだなと思ってDVD買いました。

 

 

レディベス

www.tohostage.com

べスはもう全体の感想大体書いたので満足です。下記のブログで省略します。

レディべスが、王位を継ぐまでの話です。

来年DVDが出るので観てください。※CDは現在発売中です。 

再演はまだでしょうか←

mpraboksm.hatenadiary.jp

 

その④に続きまーす。

*1:クラブセブン

レディ・ベス(東京・大阪)

f:id:sunkskpp_ays:20171120104630j:image

 

『レディ・ベス』千秋楽、おめでとうございました!!!

10月に東京で観てから書こう書こうと書きかけて、結局東京千秋楽が終わっても、大阪公演がはじまっても書ききることはなく、今更ながらですが全公演まとめて感想を書いております。

レディベスは(歴史と違う部分はあるけど)いいぞー!!! 笑

 

続きを読む

髑髏城の七人 下弦の月 12/16 ソワレ

「髑髏城の七人 下弦の月」観てきました。

f:id:sunkskpp_ays:20171218072610j:image

上演時間は1幕 1時間30分、2幕 2時間5分(休憩20分)


キャスト発表見た後、身内含めた何人かから「行くんでしょ?」といわれ、行かない発言してたんですが、「これだけ軽率に行くんでしょ?って言われまくってるってことは、いけってことかな!?」と、ダメ元&ノリでチケット申込したらご用意されたので、行くことになりました。
これが初見ーと思ってチケット取った後、ストーリー読んでたら見た気もしてきて、たぶん一緒に見てた親に確認すると、数年前にゲキシネの宣伝かで、いつかの髑髏城の放送してたやつを見てたそうです。でも全く記憶にない私。結局気分は初見でしたが、贋鉄斎が研いで→捨之介が斬る作業を見た記憶があったり、ラストの小判分けるのを見た記憶があったり、断片では覚えてました。笑

 

そんな髑髏城の七人をどこから感想書くべきなのか…。
とりあえず一番好きなキャラは、兵庫(&部下達)か贋鉄斎ですね。
兵庫と関東〜隊の一味の動きがきれいに決まってて気持ちいいなー!って思ったのと、兵庫と関東達の関係がめっちゃ好きです。
特に好きなのは2幕の無界の里を守ろうとするところですかね。あそこから髑髏城攻め込む前あたりまで泣くの堪えながらみてました。
あと兵庫&いん平VS爪月あたりも好きです。あんな戦い笑うしかない。
極楽太夫を守ったりしてるシーンも好きですし、彼女にそっぽ向かれてもずっと追い続けるのがいいですよね。最後は兵庫の粘り勝ちだし。
あ、そうだ。兵庫のステファニーの発音めちゃくちゃいいのも好きです。

贋鉄斎はキャラ自体が好き。あんなアホっぽくみえるのに、実はできる人みたいな。そういうのすごい好きです。いつまでもしぶとく生き残ってそうですよね。

 

上弦は見てませんが、「若さの上弦、大人な下弦」なんて言われてる(?)のをみると、下弦は捨之介、蘭兵衛、天魔王の3人とも陰だよなあ…って思いますね。上弦は役者さん的に捨之介だけ陽っぽい。
下弦は3人とも儚さと美しさがあって、これが大人かと。笑
兵庫と霧丸の陽の明るさで均衡を保ってた感じですね。

 

下弦の天魔王は今回観に行くきっかけになったヒロキスズキ氏。
「月」から追加された冒頭のインパクトがすごくて「これホントに鈴木拡樹氏?」って思うくらい、いつもと全くお芝居が違ってて、完!全!悪!!状態。これが天魔王…。あの天使のような笑みを封印して片方の口角をあげて笑うのすら恐ろしい。
殺陣は前作(煉ステ)がスピード重視だったのもあるけど、今回は比較的ゆったり優雅な、でもやっぱり天魔王無双。こちらもいつもと雰囲気が違うし、なによりマントさばきも含めてすごい。
ちゃんともこと廣瀬さんと絡むお芝居をみるのは初めてでしたが、2.5次元の芝居をメインにしてるイケメン(改めチケットの取りにくい人)達が、こう揃ってると、美しいみてはいけないモノをみてる気持ちになりました。たぶん他の組み合わせでも美しかったんだろうなと思うと、天魔王に口説き落とされる蘭兵衛シーン集とかほしくなる。たぶん言い値で売れるよ。
今回追加された冒頭と、捨之介戦の時の鎧外しのせいか、天魔王の弱さが出てきてて、過去の天魔王達に比べたら人間らしさの残った天魔王だったのかもしれないなーと。信長公の最後の遺言が、一言でも天魔王にあれば、彼の人生が変わってたのかもしれないなと思うところもあるかな。(でも蘭丸の方が長かったらそれはそれでうらんでるかもしれない)

 

天魔王から続きで蘭兵衛も書きますが、こちらも「あのふわっふわの廣瀬さん!?」っていう印象です。無界屋としての姿も飄々としていて、どこか儚げなのがいいですが、2幕のVS天魔王からの口説かれ以降の変わり具合が恐ろしい。一気に強さ溢れてきた。笑
「ここで裏切ったら光秀と同じになる…!」ってそれだけの理由のために天魔王を守り、果てて逝った蘭兵衛も結局はずっと信長公にとらわれてたんだなぁと。

 

捨之介は役者としては初見の宮野さん。
鈴木天魔王の相手が宮野捨之介でよかったと思える組み合わせ。殺陣になれてないと思えないくらいの良い刀捌きで、パンフ読んでたらすごく苦労されたんじゃないかなぁと。
さっきも書きましたが、天魔王と蘭兵衛に比べると大分控えめではあるけど、どこか寂しげというか、儚いところがあるんですよね。
自由になれたといいつつも、結局彼自身も逃れきれてないのかなあなんて。

 

あと忘れちゃいけない霧丸。
自暴自棄を捨之介に更生させられて、逆に自己犠牲になりがちな捨之介を守る姿がかっこよかったし、なにより可愛い。持ち合わせた明るさがよかったなぁ…。

それから極楽太夫も。

いのうえさん演出って結構女性陣も何か抱えてること多い気がする(たまたまそんな作品多いだけ?)し、それでも強く生きようと生にしがみついて生きる姿がもうかっこいいし、蘭兵衛にマシンガン?ぶっぱなすのとかもうね…しんどい。

でも兵庫がずっと隣にいてたのがすごく救いでもあったし、こいつめコノヤロウ!って感じ(どんな感じだ)

 

 

 

予定が合わなかったとはいえ、「花・鳥・風」の髑髏城も観たかったと今更思いますが、下弦だけでもこうしてみることができてよかったのかなと。

そのあとの刀ステとかでもグサグサくるとこあったんですけど。笑

とりあえず劇場がねー、東京遠いです!!!!!(軽率な遠征民が何言ってんだって言われそう)

推しがいてないとなかなか髑髏城行こうかなって思えない金額なのもちょっとあれなんですけど、実際躊躇ってたのは目当てがいてないのと、金額と、あと一番不安視してた360度回転舞台ですね。

 

結論から言いますと、髑髏城酔い軽くしました。中央あたりだったのに。

過去に登城した人に「髑髏城酔わない?大丈夫?」って聞いて回って、私の周りで酔ってる人はいてなかったんですけど、私はちょっと気分悪くしました笑

というのも、舞台の足の下の動く感覚や、出演者が動き回るのは許せるんですけども、映像がね…過激に揺れてるのと、自分の座席が揺れてるのと同時に動かれるとだめです。

あの…USJターミネーター2:3Dを想像してもらったらわかりやすいかと。

BTTFやスパイダーマンは余裕なのに、あれだけなんでかだめなんですよねー。

映像が動きすぎてる+観劇用メガネ(度が強い)だったからだとは思うんですけど…利点が仇になるという。

同じように髑髏城酔い起しかけた人がいたら、軽く天井観てください。映像止まるかなーって辺りで下向くようにしたら後半は何とかなりましたのでお試しあれ。

 

とりあえず記念として1回は登城できてよかったです。

天魔王全集ください………

 

f:id:sunkskpp_ays:20171218073525j:image

荒人神 -Arabitokami- (劇団壱劇屋) 11/23-24

f:id:sunkskpp_ays:20171226183205j:image

劇団壱劇屋さんの五か月連続ノンバーバル殺陣芝居シリーズ「五彩の神楽」最終章 荒人神、観劇してきました。

そして、ついでにはなってしまいますが、五彩の神楽シリーズ、千秋楽おめでとうございました!!!

 

あえて今回は公演期間中にブログを書ききらなかったのですが、それもまあ…今回ばかりは……初日に行けなかったことを悔やむぐらいには……ねぇ…でもネタバレ配慮してくれた壱劇屋さんと観劇済なお客さん方に感謝ですよ…。


まあなにから書くべきかは悩むところですが、観劇し終えて思ったのは「やられたっ…!」ってことですかね。
「今回、神楽はできるだけ多い数で〜!」ってあれだけ口酸っぱく言われてきた意味を理解しました。

 

 

だってさー、もうネタバレ解禁なので書きますけど、4神楽の主人公達がサポートにやってくるってずるいでしょ!?

誰も話がつながってないとは言ってなかったし、勝手に別々の話(世界)だと思いこまされていたけども…。


あと兄と妹、義賊、盲目の少女…って、前半3神楽見てた身としては「見覚えがある!」と思ったのですが、どれもあの時のように助けられなかった(助けなかった?)姿が歯がゆいし、もしかしたら彼女(彼)らにも同じ運命が来ていたのかもしれないと思うとゾッとした。

理不尽な世界はいつも隣り合わせで、綺麗事だけでは生きていけないとはわかっていても、元という一人だけはどうしても守りたくて、靄の誘いに手を出してしまった荒。竹村さん無双が今まで以上に無双で恐ろしかったし、いつも以上に竹村さんの笑顔がつらい!!

でも、終盤の靄や白のように元が手を差し伸べるのではなく、元を荒の隣に立たせようとするのとか、最終的にハッピーエンドにもっていくとことか…もう作・演出家としての竹村さんも、主演の竹村さんも全部最高かよ!?してました。荒人神公演期間中だけは人だかりがすごくてお礼言えずなんですけども、五彩シリーズ全部最高でした!!ありがとうございました!!!
(あと、竹村さんの衣装も4神楽の衣装がちょこちょこ混じってて最高でした。ホント壱劇屋さんは衣装手作りであのクオリティほんとすげーわ…)

 

       ----------------------- 


元は理不尽な世界の中でもまっすぐ生きていて、とーるくんらしいなぁって。竹村さんも言ってたけど、とーるくんそのまんま。素材の味をそのまま生かしています、みたいな。
今年一年、ちかはる、光郎(2)、達磨、そして元と着々と少しずつ成長をみせてきてくれていて、はじめてHEPでとーるくんのお芝居をみたフォアコンよりも大人びた、でもまっすぐに生きる姿はまぶしくて、尊いなぁって。この先もいろいろあるとは思うけど、とーるくんらしさを失わず、役者を続けてほしいなぁとひっそり思ってます。(竹村さんに「トルネコの幼少期をイメージしてる」って言われてわかってないのに、なるほどみたいな顔してるとことか、爆弾突っ込んでくるところとかも含めてね)

 

       ----------------------- 

 
白装束こと白はようやく顔見せかーと思ったら、予想以上に強いな!?ってちょっとびっくり。まああの4人をこれまで描いてきた人だから、あらゆる死線をくぐり抜けてきたのだろうとは思いましたけども…具現化できる能力にもびっくりしたし、ありかよ!?ってなりましたね。

あと畠山さん自体はCQ初演ぶり*1くらい?その時もまっすぐ生きてあがく姿に目を奪われてたし、今回もやっぱり折れずに立ち上がってあがき続ける姿がいいなぁって。闘える女の子かっけーなーー。

今回も竹村さんの人選に狂いはなかったし、竹村さんを支える二人がまっすぐに生きすぎてまぶしい。

 

       ----------------------- 

 
姉、紅、盲目、表助、ろうそく男…どれも愛おしく思う主人公達だったのに、こう4人すべて揃うって…ねえ……四彩揃えてた五彩組はしぬよ……(号泣しました)

元の持ってる刀見て(あるいは触れて)、自分を助けてくれた人のことを思い出す4人がしんどい。それぞれの表情だけで泣ける。

こんな風に伏線はられてたとかさぁ〜竹村さんんんんんんって泣きながら最高かよってなりました。笑

          

紅が荒を殴るとこはすごくぐっとくるし、あそこめちゃ好きです。あと元を叩く(殴る?)ところも、重力どこいった!?ってなるくらい、あらゆる男性陣にサポートされながら身軽に動き(浮き)回るところも。
前向きに強く生きる紅だからこそ、めちゃくちゃ元気もらうし、賊義賊でしっかり見て以来コロコロ表情が変わる中村るみさんがめちゃくちゃ好きになりました。
あとあれだ、靄の丹羽さんとの殴り合いも笑った。靄は重力なのにそこ素手なんかーーい!!笑

丹羽さんの靄の重力も観てて楽しかったし、靄VS過去神楽の主人公ならここが一番好きかもしれない。

唯一賊義賊だけ2回以上みれてなかったけど、やっぱり紅好きだー!!!

           *

盲目も不器用なりに元に優しくて、その優しさがまた「うう…」ってしんどかった。

あの紅と盲目が背中合わせのシーンとか最高すぎて泣きそうになったり、守りながら戦うということをやりたくてもできなかった盲目が元を守りながら戦ってて涙腺崩壊不回避でした。

ラストのラストでフミちゃん出てきて「うわあああああ」ってなったし、「お父さんは!?」って気持ちでした。結婚式で泣くか、娘はやらん!ってしてる岳人さんもちょっとみたかったなぁなんて。

           

表助とろうそく男は、先月に竹村さんVS大熊さん、竹村さんVS赤星さんを観たかった不完全燃焼勢を見事に黙らせる最強な殺陣。ありがとうございまーす!!

ろうそく男の殺陣を荒がやってのけたときは、「ろうそく男さんは…むず…かしい…ですよねぇ……」とか思ってたら、終盤に出してくれるありがたさ。最高で最強すぎじゃないですか!?
もうめちゃくちゃ楽しそうーーー!!!楽しい!!!(話の内容的にはそんなシーンではないけど、BGMがハイテンションになる)

あと元が手伝おうとしたら、刀の柄で「邪魔!」っていうかのように殴ってたのは笑った。ろうそく男無双VS強すぎる荒ってもう最強で最高でしょ。
ついでにいうと、観るごとにろうそく男VS荒のシーンが早くなってたよね…??あいかわらずベテラン勢の回を増すごとに殺陣が早くなる現象こわい。笑

あとついでになっちゃうんですけども、心踏音のダンスから気になってた植松さんのダンスをガッツリめにみれてよかったなぁって。やっぱり先の先まで綺麗だし、どの振り付けもすごい好みなものばかりで…また別の機会があれば拝見したい……。

           

そして、姉。姉が荒の頭ぽんぽんする仕草とか、世の中が理不尽で、一番自分が弱いことを一番理解している、でも守るためならなんだってやるっていう彼女だからこそ、めちゃくちゃぐっときますね。王族になろうとも、根本的にええ人すぎる。

あと胸元叩いて頑張ろうとする姿とか、優しげな表情とか、西分さんの良さが出まくりで、この人が五彩のトップバッターでよかったなーって。

 


最後のお祭り感もめちゃくちゃよかった!どこみてても楽しいし、目が足りない。

 

書ききれてないとこもありますが、まとめてしまえば荒人神も最高でした!!

 

5ヶ月連続って聞いた時は「頭おかしいの!?」って思ってましたが、毎月毎月泣かされるけども全然違う感じの作品作ってらして…共犯者の方々含めて演劇好きすぎて頭おかしな人達ばかりだなぁって思いましたし、そんな人達を5ヶ月みてきた観客もやっぱり演劇好きすぎて頭おかしいですね!笑

 

降板や大きな怪我なく全員無事に終えられて本当に良かったです。

5ヶ月(準備期間含めたら半年以上?)間お疲れ様でした!&ありがとうございました!!

*1:アタシたちには明日しかない

今年のオススメベスト40②

 今年のオススメベスト40-!!!(ドンドンパフパフー)

なんでもっと削らんかったんやって今更ながら後悔してきてますが、頑張って書きますよーーー!!!

 

その①はこちら↓ 

mpraboksm.hatenadiary.jp

 

今回の10選はこちら。

*その夢、むこう 再編

*レモンキャンディ(匿名劇壇)

*嘘吐きウダツの冒険譚(羊とドラコ)

*CLUB SEVEN -ZERO-

*I LOVE A PIANO

*パレード

*天の敵

*空中キャバレー

*雪下青花店

グランギニョル

主に5月頭から7月末くらいですね。

 簡潔にサクサクいきまーーす。

 

その夢、むこう 再編

stage.corich.jp

 劇団「彗星マジック」で作演・主催をされてる勝山さんのユニット。

メトロノウムの音に合わせて展開される物語が心地よくて、ついついほろっときてしまうことが多いんですが、今回も例外ではなく。

初演は存在すら知らなくて、4作目からの参戦なので実は初見。

夢を持った少年少女が夢を語り、大人になり、夢を叶え、失い、足掻き、そして……のような感じです←

 ウラなんばの小さいところでやってるので、普通のいつもの劇場感覚で行くと「ホントにここであってる!?」とちょっと行くのは躊躇いがちにはなりますが、損はさせませんので、是非。

(あと彗星マジックさん自体の舞台は来年1/12~14にシアトリカル應典院でやってますので、お時間ある人はどうぞ。関西小劇場のファンタジー系が好きな人は結構好きなタイプだと思うし、個人的に推し劇団ですhttp://suiseimagic.uijin.com/next.html

 

レモンキャンディ(匿名劇壇)

stage.corich.jp

 関西小劇場で今や人気急上昇中(?)な匿名劇壇の新作。

2013年秋公演からほぼほぼ観てきてますが、個人的には過去作の中で!~2番目に推せます。

それくらい面白かった。

上空1000000000kmから落下する宇宙船の中で7日間を過ごす男女8人の話です。あらすじの設定からもう突っ込みどころ満載ですからね。笑

でも観てもらったらわかるので、出てるDVDみてください。

あとこの劇団も結構推してます。

 

嘘吐きウダツの冒険譚(羊とドラコ)

stage.corich.jp

関西小劇場週間だったせいか、続く関西小劇場のオススメ3本目。

竜崎だいちさんのユニット。

ウガツを探す少女(ゼンカ)と彼に関わりのあった人達との話。

ファンタジーが好きならきっと好きな人多いだろうなーと。

たしかDVDもあったはずなので、興味がある人がいれば是非。

私の推しキャラはカラスです。

 

CLUB SEVEN -ZERO-

www.umegei.com

 やるぞー!って発表されてから待ち構えてた作品。

ミュージカル俳優(?)がコントして、歌って、踊って、芝居して、ひたすら体に無茶した後に、あいうえお順メドレーをするという超過酷でハードな作品。

観てる分には超楽しい。でもやってる側の頭はたぶんおかしい。

来年は若手俳優を使った「GEM CLUB」が東京と大阪であるので、興味ある人行ってみてください。いつもと違う姿が見れます。

これも色々書いたので省略。

mpraboksm.hatenadiary.jp

 

I LOVE A PIANO

www.stagegate.jp

 アーヴィング・バーリンの曲詰め合わせのショウ。

女性3人、男性3人だけの超少人数で、「いつから主人公は1人だと錯覚していた?」と演出にしてやられる作品。

というのも、

ブロードウェイを代表するソングライターの名曲で綴るシリーズ

(ブロードウェイ・ショウケース)

だったので、普通のミュージカルとはちょっと違うっていう。

一部界隈では屋良さんの弾き語りが話題になったとかなってないとか。

しんみりはするけども、楽しかったー!ってなる作品だから再演してほしい…。

 

パレード

www.umegei.com

 自分の職場(鉛筆工場)で働いていた少女殺しの冤罪で有罪判決を受けたレオ・フランク(石丸さん)が、嫁のルシール(堀内さん)と協力し、なんとか無罪判決を勝ち取ろうとする、本当にあった人間ドラマミュージカル。

1幕は3分の2くらいが裁判で、「フランケンシュタイン」や「貴婦人の訪問」を思い出して重い重いってなるんですけど、2幕から闘うルシールのフランクへの愛がもう美しくて……愛おしい。

キャストがよく揃えたな!?ってくらい完璧すぎて、重たい作品ではあるけども、あとからじわじわときてもう一度見たいってなりました。

というか、順位つけるなら上位に入るであろう作品ですし、再演あったら勉強してからもう一度、次は複数回挑みたいと思う作品でした。

あと今年めっちゃ観た最初の盆だった気がする。

 

天の敵

www.ikiume.jp

イキウメの太陽がよかったから行くぞー!と、決意してたら、まさかのとんでもない話だった。

自称122歳の菜食料理研究家が実は…と自分の過去を語っていくんですけど、それがもう明かされていくだけで鈍器で頭殴られたような感覚になってくるっていう。

確かインタビューウィズヴァンパイアから影響を受けたとかで、結構それに近い日本版みたいな。

これも最後凄く愛おしくなってめちゃくちゃ泣けてきますし、なにより冒頭で実際に調理するので、後列まで匂ってきてお腹がめちゃくちゃ空く。笑

これみて食事は大事にしようと思ったし、DVD出てるので、みてくれしたい。

 

空中キャバレー

stage.corich.jp

 「松本市!?え、どういうこと!?」って戸惑いながらも行ったら、「なんでこんな楽しいことここでしかしてないの!?」ってどハマりしました。

 一種のお祭りでした。千秋楽の感想は書きっぱなしで止まってますが、my初日の感想があるので省略。

とりあえず次は2年後なので、推しさんが出た人に全力で勧めたい。

mpraboksm.hatenadiary.jp

 

雪下青花店

f:id:sunkskpp_ays:20171225144830j:plain

サイトがないのでチラシ画像で。

CoventGaardenClub「雪下青花店」

生花店(雪下生花店)から少し離れたところにある生花店の喫茶室でのお話。

喫茶室の片隅にいてる幽霊(米沢)が、カメラマン竹田によって「なぜ自分がここにいてるのか」そして1冊の絵本(おおきな木)とどう関係があるのかが徐々に謎解かれていき、なぜ生花店とは関係のない喫茶室を、椿の父こと先代がやっていたのか…心地いい音楽を聞きながら明かされていく…というような、建物自体も生かした作品で、これがもう…謎明かされた後がしんどい!!!

でも最後はハッピーエンドだし、実際に花結いされて綺麗になっていく米沢さんみてたら「はーーーー綺麗…」ってなりますし、報われた感じが泣けるし、もうほっこりする…。

こじんまりとした空間で、久々に立花さんや一明さんのお芝居観れてよかったなぁ…。

 

グランギニョル

grandguignol.westage.jp

 はいはい!!繭期の待ってましたな新作!!!グランギニョルですよ!!!

繭期的にこれを外すわけにはいかないんでね!!!

久々にPP冠のついた作品。これもめっちゃ泣いたなぁって記憶。(泣きすぎ疑惑)

推しキャラはフリーダ様とスーです。

繭期じゃない人はTRUMPから順でもなんでもいいから観てくれしたい。

TRUMP(D2・四演)、LILIUM、SPECTER、グランギニョルとシリーズ全てDVD発売中です。笑

 

 

 ようやく20作品…!!あと半分!!年内に終わる気してないですが、できる限り頑張ります!