Room2916725

観劇は麻薬。好きなことだけ気の向くままに。

CLUB SEVEN -ZERO- 東京千秋楽(B)

f:id:sunkskpp_ays:20170623055647j:image

 

私の千秋楽改め東京公演千秋楽終わりましたー!!
いやー…笑った笑った…笑

笑いすぎて明日から何を楽しみの糧に生きていけばいいのか…(真顔)

大阪で一度千秋楽を観てましたけども、それとはまた違うグダグダっぷりでも許せてしまうってすごいよね。

 

とりあえず感想というより長文レポ状態なのでお気を付けください。(何を)

あと記憶力相当悪いので大体記憶から吹っ飛ばして抜け落としまくってます。

 

続きを読む

CLUB SEVEN -ZERO- 6/3 アフタートーク

f:id:sunkskpp_ays:20170621233252j:image

プレビューと大阪公演終わったーと思って書き忘れに気づいてしまったアフタートーク

残したメモすら書くことを放棄してたので、ほんの一部ではありますが、記録としておいておこうと思います。

完全に自己満足です。

 

続きを読む

CLUB SEVEN -ZERO- B プレビュー・6/4

推しさんらが出てて「いつか行きたい…」と思っていたCLUB SEVENシリーズ。
1年後にしてようやくご出演&観劇の夢が叶いましたヽ(;▽;)ノ

クリコレを観劇して「吉野さんは何をやらかすかわからんぞ…!(ただしアドリブ投げ返されるのにはめっちゃ弱い)」と理解したので、クリエのチケット増やして(笑)しまったんですけど、結果としては増やして大正解でした。
笑いすぎて酸欠になるくらいにはめちゃくちゃ楽しいショーでした。

こんなに楽しいショーがあっていいんだろうか…笑

※ネタバレなしには語れないので、以下ネタバレ注意。
※公開はA→Bの順なのですが、書き出しはB→Aの順だったので、↑↓の文章の一部がなんかおかしなことになってますが、まあ勿体無い症なのでついでに残してます笑

続きを読む

CLUB SEVEN -ZERO- A 6/3

東京のプレビュー公演でAver.は観劇せずに、迎えた大阪初日。

一週間ぶりに見たら「そうそうこのノリ~この楽しさ~!」ってなんでか昔から知ってる人みたいなことになってました。笑 それくらい何度行っても楽しい。生活にだいぶ支障きたしてるけど^^;

大阪公演はマチソワがA公演とかだったのでまとめました。

以下ネタバレめっちゃありますので、ご注意。

続きを読む

CLUB SEVEN -ZERO- 50音順ヒットメドレーセトリ

※タイトル通りネタバレしております。
※歌手名は書いてたりかいてなかったり
※歌詞で検索かけてるので間違えてる可能性あり

78曲予定から開幕後74曲に減ってますけど、あとわからん&足りてない1曲はなんですか!!!!(わかるかたご教示頂けると助かります)


夜空ノムコウSMAP(あれから~)
ありがとう@SMAP
ありがとう@いきものがかり


恋ダンス(営みの〜)@星野源


ウルトラマン・タロウ
海の声@桐谷健太


お猿のかごや(えーっさ~)
Everybody dance now!!


関白宣言(お前を嫁に〜)


カルメン'77@ピンクレディ


HEAVEN(きっとくる〜)
SUN(君の声を〜)


贈る言葉(暮れなずむ〜)
アタックNo.1(苦しくったって〜)
だんご3兄弟


春風のいたずら(喧嘩して〜)


永野ネタ(ゴッホより〜)
こまっちゃうナ


最&高


365日の紙飛行機(人生は〜)
愛のかたまり(心配性〜)


ガラスの少年(Stay〜)


城本クリニック(0120〜)


Rising Sun(そう〜)


はちきんCM(だ〜か〜ら〜)
17才(誰も〜)


夏のお嬢さん


モンロー・ウォーク(つま先〜)


天使のウインク


仮面舞踏会(時を〜)
日野自動車 CM


PERFECT HUMAN
渚のバルコニー
青春にかけろ!


アタック25 テーマ曲
日清紡 CM


おいらかぶきのぬらりひょん


ねこふんじゃった
CHINTAI CM


雪の華(のびた〜)


世界に一つだけの花(花屋の〜)
花束を君に


十人のインディアン
PPAP


ぶんぶんぶん
ふな ふな ふなっしー


BEST FRIENDS@SMAP


星屑のステージ@チェッカーズ


透明人間@ピンクレディ


見上げてごらん夜の星を


浦島太郎(むかし むかし 浦島は〜)


MUGO・ん…色っぽい
昴(目を閉じて〜)
メガネドラック CM


モンキーマジック


前前前世
やっぱ好きやねん


春一番@キャンディーズ
UFO


わたしの青い鳥


Reboot!!!
三十路少年


リンダリンダ


徹子の部屋 OP(ルールル)


$10


ロート製薬 CM


サウスポー
平野ノラネタ(ワンレンボディコン舘ひろし)
エロティカ・セブン
お祭りマンボ


東京VICTORY
Love so sweet


Season of Love

CLUB SEVEN初心者が勧めるCLUB SEVEN-ZERO-

どうもこんばんは。

CLUB SEVEN初心者です。

普段は感想ブログも、宣伝ブログも、こうしてPCを開けてブログを開いて…っていう流れが面倒くさく、書きたい衝動がない限りは、Twitterで壁打ちするかの如く思ったことを投げ捨てているのですが、今回あまりにも大阪公演のチケットが余っている状態に耐えられず、これは宣伝せざるを得ない作品(ショー)だぞ…!とプレビュー公演を見て思って重い腰をあげた次第です。

 

そんなこんなで不慣れなことをやっておりますので、色々と多めに見ていただいて、もしこのブログを読んで少しでも興味を持っていただければ幸いです。なんなら大阪公演は今週末(6/3~4)の土日ですので、足を運んでいただけると出演者の皆さんのモチベーションも上がるんじゃないかと思います。私には何の得もないですが、推しさんらがかっこいいのでみてくれって感じです。

チケット申し込みはこちら→http://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventBundleCd=b1749742

 

  • 「CLUB SEVEN」ってなんやねん?

そもそも、「CLUB SEVEN」なんて一部若手俳優ファンやミュージカル好きな方でないとご存じないと思います。小劇場通いで大きい舞台はアウトオブ眼中だった私が現にそうでした。14年もやってたのに!!笑

とりあえず公式曰く

 ソング&ダンス・芝居・タップ・ミュージカル・スケッチ…

あらゆる要素を取り入れたニューエンタテイメントショー“CLUB SEVEN”。

初演以来、瞬く間に各方面から多大な評価を得る。

 

新しい感覚・スタイルでお贈りする、怒涛のジェットコースター大娯楽エンタテイメント!

また2幕冒頭のミニミュージカルや100曲近い楽曲を芝居・ダンスを交え、

息をもつかぬ展開で歌い上げる、「五十音順ヒットメドレー」は必見!

 

今もっとも熱い注目を浴びているエンタテイメントショーである。

というような内容です。

つまり(ミュージカルメインの)俳優たちが、歌って踊ってコント(スケッチ)して、ミニミュージカルもやって、疲労困憊してるところに五十音順のメドレーを歌うという超過酷な3時間(休憩20分)をニヤニヤしながら見るショーです。

正直めちゃくちゃ面白いです。『ジェットコースター大娯楽エンターテインメント』と名乗ってるだけあって、笑いっぱなしで息をつく暇すらないです。そのせいで笑いすぎたあまり、軽く酸欠になりかけました。笑

でもそれはつまり俳優(キャスト)さん達も息をついてる暇がないくらいでっぱなしというわけで…かっこいい(美しい)姿や、面白い姿が、段々と普段の芝居では見れない疲労していく姿に変わっていくということですよね。楽しそうではあるんですけど。

 

  • 出演者は?

今回は原点回帰ということで、原型を作り上げたレジェンドメンバー

*部長(トータルコーディネーター)の玉野和紀 さん

西村直人 さん

吉野圭吾 さん

東山義久 さん

の4人に、

香寿たつき さん(3rd経験者)

原田優一 さん(6th、GEM CLUB経験者) 

蘭乃はな さん(初参加) 

平均年齢が高い7人でやってます。

 

参加メンバー観て「あ、やめよう…」と思ったエリザベート(2015~2016年)を観た方や、某氏の某問題を風の噂ででも聞いたことのある方。

3~4割だけ我慢してください……。ダンスはめっちゃかっこいいんです。

あとは周りのボケてる人達をみてたらそんなに気にならないです。3~4割損しても、それ以上の元はとれます。

正直、私もこの点が引っかかってチケット増やすか減らすか悩んだんですけど、今現在は面白すぎて手元のチケットを増やそうかと悩んでます。東京で行ける日程があればの話ですけど!!

 

  • AとBがあるけど?

今回は過去のスケッチ(コント)もやろう!ということでやりたいものを集めた結果、3時間で収まりきらなくなったので、AとBの2ver.に分けたそうです。私もまだ1ver.しかみれてないので、もう1つの方とどれだけ違うのかはわかりませんが、パンフを見る限りはコント部分だけかなーと。

ちなみに…

A ver.は家族編。(大阪公演は6/3マチソワのみ)

Bver.は恋愛編。(大阪公演は6/4マチネのみ)

A→B→Aみたいにマチソワで変えてくれてもよかったのに!!という不満はありますが、Aのゲネ写真見てるととてもカオスなことが起きてますので、どちらもおススメです。お好きな方をどうぞ。(ちなみに私はBver.を見ました)

Aver.はゲネ写真があるので、ネタバレOKな人は下記URLのレポもどうぞ。

 

✻エンタステージ

玉野和紀、吉野圭吾、東山義久、西村直人ら“レジェンド”が集結!『CLUB SEVEN –ZERO-』観劇レポート! | エンタステージ

✻宝塚ジャーナル

宝塚ジャーナル : 原点に戻って、更にパワーアップしたノンストップステージ!『CLUB SEVEN ZERO』!

✻Astage

豪華絢爛?!多種多彩?! ジェットコースターステージ !!『CLUB SEVEN-ZERO-』ゲネプロレポート - Astage-アステージ-

✻げきぴあ

【ネタバレ】魅せる、聴かせる、笑わせる!『CLUB SEVEN -ZERO-』ゲネプロレポート - げきぴあ

 

あと、大阪6/3ソワレ後はレジェンド4人のアフタートーク付きです。参考までに。

 

  • 値段は?

1万円です。シアタードラマシティで3時間1万円ってちょっぴりお高いですが、それだけの価値はありますし、むしろ安い位です。

「でもなぁ…今そんな金額はなぁ…」って方に朗報です。

5/31(水)23:59までにぴあで申し込みをすると少し安くなります!!!!(アフタートーク回を除く)

25歳以下なら8000円!

25歳以上の方でもペアなら1人8000円!!!

東京公演・刈谷公演では存在しない、大阪公演のみの料金ですよこれ!!

座席も昼間見た時点では前方列もぽつぽつ空いてたりしたので、運が良ければ…といった感じですね。

アフタートークありの回は割引も前方の空席もないんですけど、どんな話が飛び出してくるか気になる方は是非そちらを…どうぞ。

チケットぴあ申し込みページはこちら→http://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventBundleCd=b1749742

 

もちろん、大阪公演だけでなく、まだ東京公演・刈谷(愛知)公演もあります。

大阪以外の方でももし「あ、ちょっと興味あるかも…」「最近声をあげて笑ってないな…」「面白いショーがみたいな…」など、あてはまる方がいれば是非足を運んでみてください。

 

常連でも初心者でも誰もが楽しめるショーになっています。

 

全く持って魅力を説明できてない状態ですが、見れば楽しいショーなんですよ!!!

眠くなってきたから投げやりとかそんなことないですよ、ええ。

 

次でいいやーとか、またそのうちにーと先延ばしにしたら、その次があるかすら分からない今回のCLUB SEVEN。

このメンバーは今回限りでDVDも何も出ない記憶に残すしかない作品です。

だからミュージカル俳優を知ってても知らなくても、いい年した大人達が全力でお客を楽しませようと、あれやこれやとやりまくる贅沢な3時間を今週末シアタードラマシティで過ごしてみませんか?

羽生蓮太郎 0420

f:id:sunkskpp_ays:20170421194651j:plain 「また あした な!」

Patch Stage Vol.10『羽生蓮太郎』観劇。
上演時間は約2時間(日替わりにより多少の誤差はありそう)

久々の末満さんの新作。待ってました! 今回は有名な(ただし私とは相性の悪い)シェイクスピアの「ハムレット」を下敷きに繰り広げられる昭和45年の浪花坂の話。(れみぜやんからは8年後)

私個人的には、
羽生蓮太郎=ハムレット+れみぜやん+悪辣+SMITH+末満さん作品要素 的な感じだったなぁと。(つまりとっても好きな部類だよありがとうございます!!!)

原作は結局読まず、柿喰う客の女体シェイクスピア(悩殺ハムレット)をちょっと覚えてるかなー程度で、あとはWikipedia先生に当日の朝軽く教えてもらっただけですが、それだけで十分事足りました。
れみぜやんのときもそうだったけど、基本当て字なので役も想像しやすいんですよね。劇中でもキャラ自身が「(境遇とか名前とか)似てない?」っていいますし。

前置きはとりあえずこれくらいにして、個別にちょっと初日を観ての感想というか、思ったことをば。

羽生蓮太郎as松井さん

目力がすごくなってた。熱海の時は子犬みたいな可愛らしい眼差しだったのに…黒男を刺すために階段を下って追いかけてきたときには鳥肌がたったし、これがさっきまでおちゃらけてた人と同一人物かと…。都月や逆さの鳥のネガティブキャラの経験が生きてきてるからか、包丁をもつ松井さんに違和感がない。笑
まあ舞台に立ってる姿を観ること自体お久しぶりだったからかもしれないけれど。
でも墓場の墓石にちょっかいかけるシーンはわざとだったのか、純粋に楽しんでたのかは謎。

羽生黒男as三好さん

伝兵衛っぽさを多少なりとも感じるけども、チンピラ役ものすごく似合いますね!笑
一番貪欲に笑いを取ろうとしに行っていた気がするし、滑ってるときも多かったけど、しょうもなさすぎて逆にツボってたから私は好きかな。
それと、墓石のシーンと宮春さんとのドアのシーンはめちゃくちゃ好きなので今後もうちょっと発展してほしいなと期待してます笑

羽生頑子as岩崎さん

なんだろうこの違和感のなさ…笑
大阪のおばちゃんでこんな人いそうだし、いつもの岩崎さんからは感じられない安心感。母の偉大さなのかなぁ…。
突然お母ちゃん歌謡ショー始まったけど、黒男さんの時共々、平成生まれなパッチメン達絶対原曲しらんやつですね、あれ。
モブ役はあんまりでてなかったような気がする…。

歩野宮春as吉本さん

ビジュアルと年齢差がありすぎるので演技力でカバーします!発言してたけど、わたし的には全然いけてると思ったけどなぁ…。 (むしろパンフのビジュアルより舞台時のビジュアルブロマイドが欲しかった…) お父ちゃん顔のインパクト強すぎてイメージが髭と飲兵衛…笑
定春に急いで報告しにきた時のあのセリフは暗転で予想できたけども…つらいなぁ…。 とりあえず原作通り宮春は死ななくてよかった…と思ったのに…( ; ; )

歩野定春as星璃さん

「あいつかくれんぼしてるかもしれんから、親春探したってくれよ…」っていうセリフがとてもつらい。
布袋との「これから本役あるんで…」ってハケてからの出番の早さには笑った。
親春を蓮太郎にとられて悔しかったのか、蓮太郎に嫉妬心を感じてたように私は感じたし、弟思いというか…弟に甘すぎる兄貴だなぁと。
弟キャラ寄りが多かったイメージなので、兄キャラはちょっと新鮮でした。

歩野親春as田中さん

い ろ ん な い み で だ め で す 。
悪い方では決してないんですけども、「羽生くん、羽生くん(´∀`)」って笑顔でついて回るあの可愛さなんなんでしょうか。子犬か。たぶんあれで落ちた人も少なくないはずだ…(私もその一人)
フォアコンや昨年末のイベント時は面白いエピソードを隠し持ってはいるものの、正直役者としてはまだまだやな…って思ってたのに、今回そのイメージを払拭するかのような急成長大出世。このまま頑張って欲しい…。
役的には頭が弱いというよりも大人になりきれない子供って印象の方が強かったなぁ…。「月に手が届いた…!」のシーン前から嫌な予感しかしなかったし、あの時の笑顔もつらいんだけど、めちゃくちゃ好きです。
あと個人的にモブの小指のテツとお焼香にきてた女性がめっちゃ笑いのツボでした。お焼香にきてた女性はほんと…笑えないシーンなのに……めっちゃ真剣な顔で蓮太郎と定春みてるから…複数の意味でつらい…笑

布袋昌吾as藤戸さん

蓮太郎の舎弟その1。(その2は親春)
私はみてないけども、hstちゃんのときに仲良くなってたのが活きてきてるというか…蓮太郎からのいじられっぷりが違和感ない笑
顔芸のレパートリー増やしました?(そういう人ではない)
個人的にはもうちょっと濃くなってもいいかもなーと思うくらい蓮太郎の舎弟っていうイメージしかない。

尾瀬倉友之助as有馬さん

桐志田興喜as尾形さん

まとめてでごめんなさい。でも2コ1だからいいよね!
有馬さんはモブのときあんまり見つけることができなかったけども、尾形さんは結構見つけた。というか出番多かったな?
ハムレット引用シーンはなるほどなぁ…こうきたかって気持ちでみてました。
モブキャラ的存在だから印象薄いのは仕方ないかもだけど、もうちょっとなんか欲しい…。

羽生秀太郎as山田さん

本役あのワンシーンであとモブって…蛍原の方が出てたぞ…笑
でもインパクトは強いお父ちゃん。あとモブ大活躍の人。

蛍原康as竹下さん

初日の日替わりゲスト竹下さん。蛍原さん以外にも飲みに来て絡まれるモブや坊さんやなんやかんやで出番多め。
坊さんのときめっちゃ煽る。笑ってはいけないシーンなのにめっちゃ煽ってるの見つけて笑いこらえるシーンパート2だった。
中の人的に蛍原<黒男だったので、他の人バージョンも楽しみだし、役作りどうしてくるのかも楽しみです。中山さん以外の蛍原頑張れ…笑(中山さんの日は大王VS大洋さん並の安定と安心がありすぎて逆に何が起きるのか怖いし、黒男頑張れ…)
個人的に髭面蛍原めっちゃ好きだったので、また竹下さんのお髭生やした役がみたいです。

書いた量に差が出ててるのはまあ…仕方ないやつ…というか、まあ目が足りなかったので次はそっちを重点的に見るようにします、はい。
本編としては舞台美術ほぼナシ、あるのはホルモン屋の店の大道具と小道具少々のみなのに私達の目の前には浪花坂が見えたし、あれだけ熱演してたぱっちさん達をみて確実な成長と、凄い良い作品をみたなぁってそんなに知らないのに親目線になってしまう不思議。
でも末満さんがやりたいこと(伝えたいこと)を詰め込むだけ詰め込んで、頑張れよって未来を託した作品だなと思えてしまうのはたぶんあのコラムのせいかな。

「あしたも あそんでくれる?」   「おう、あそんだる」

「じゃあ はぶくん またね」