Room2916725

観劇は麻薬。好きなことだけ気の向くままに。

グレイトとグレートのギャツビーを観て

ミュージカル「グレート・ギャツビー」(イケコ大先生演出・井上芳雄氏ギャツビー版)観てきました。

やっとですよ!!!

やっと観れた!!!!

去年「チケット余ってんの?行く!」と錦織さん演出・内くんギャツビーの「グレイト・ギャツビー」を観て、昨年度自分的ベスト20くらいに入ってたくらい大好きな作品で、今年も観れるということでめちゃくちゃ楽しみにしてました。

しかもジョージがコング桑田さん→畠中洋さん、ニックが相葉裕樹さん→田代万里生さんで、アンサンブルに顔と名前の一致する役者さん多数という私好みなキャスティングやったんですよ!!大阪めっちゃチケット販売苦戦してたけど!!!

で、まあ今回はもう博多しかないので(大阪は本日千秋楽)別にチケット買ってくれブログではないんですけども、2つのギャツビー観た身としての感想を書きたくて、やる気をよっこいしょと起きさせました。

予め書いときますが、批判する気は全くないです。あくまで私個人的な意見です。
あと、グレイト版は記憶を頼りに書いてるので、だいぶ美化されてる可能性はあります。念のため。
ややこしいですが、イケコ大先生版(井上さんギャツビー)をグレート版、錦織さん版(内くんギャツビー)をグレイト版表記で以下記載します。

原作は同じなので、大まかな話は一緒なんですけど、グレイト版とグレート版の違いをあげるとすれば

・デイジーの扱い方
・デイジーとギャツビーの過去
・シャツ事件
・ギャツビーとトムの関係
ジョージとマートル夫妻
・ニックとギャツビーの出会い
・ニックのポジション
・時代背景が明確かどうか

って感じでしょうか?
(あと演出の違いはめちゃくちゃありますけど、言い出したらきりがないのでそこは割愛)

  

○デイジーの扱い方

ギャツビーのデイジーへの愛はどちらも重たいくらい只々純粋にあるんですけど、グレイト版はめっちゃ重い。逆にグレート版は比較的軽い。
というのも、グレイト版はデイジーからのギャツビー愛がグレート版ほど「好き好き大好き!!!ギャツビーが戦地へ行くならそこまで追っかけたい!」ってなってないのが大きいのかなぁと。だからグレート版でデイジーとギャツビーの過去編はじまってビックリしました。
あとグレート版は未練タラタラタラちゃんデイジー、グレイト版は未練あるけどバレないようにしてる大人なデイジー(ギャツビーと再会してからは我慢のダム決壊)って感じで結構違った。
正直グレイト版デイジーは「なんて自分勝手なんや…!」と彼女に共感できなかったのですが、グレート版みて「あーこれならしゃーないな…」くらいまで納得はできた。

○デイジーとギャツビーの過去

まあこれは上でもちょっと言いましたけど、グレイト版はギャツビーの過去についての言及はあっても、デイジーとの過去はがっつりやってないんですよ。だから2人の馴れ初め云々は今回初めて知りました。イケコ大先生お得意のピュアッピュアな夢見る若者達……。

○シャツ事件

これは私がグレイト版でめちゃくちゃ好きなシーンのことなんですけど、ギャツビーがデイジーをギャツビー邸に招き入れて、自分のシャツを自慢するんですよ。ありとあらゆる地方から季節ごとに取り寄せてる、コットンやらなんやらの種類もめっちゃあるよって。それが全部デイジー(柄だったか色だったかは失念)なんだよ!!!!っていうのがあるんですよ。
このシーン見た時「ギャツビーどんだけデイジーに一途なんや…!」ってめちゃくちゃギャツビー好きになったんですよ!! それを!グレート版は!ただの!シャツ好き男に!してしまった!!!!
ただのめっちゃ金持なりましたよHAHAHAアピールのためだけのシャツとなりましたとさ。つらい。
シャツが大事なんじゃないんだよ…シャツにして置いときたいくらいデイジーを愛してる主張が大事なんだよ…イケコ大先生……。

○ギャツビーとトムの関係

トムから見たらギャツビーは目障りな嫁狙いなヤツって感じは一緒なんですけど、グレイト版はギャツビーは大型犬(トム)にも怖じけず噛みつきに行く(口喧嘩しにいける)怖いもの知らずの小型犬(ギャツビー)なんだけども、グレート版は逃げるし、ガキ大将(トム)へ隠れたとこから狙い撃ちしてるひ弱系(ギャツビー)。
グレイト版は原作寄りで避暑地で口論→デイジーがはっきり言わずに最終的にトムから逃れられないってギャツビーと一緒になるのを諦めるけど、グレート版はゴルフコンペで負けて悔しさから暴露→デイジーがその場から逃げるためにギャツビーと一緒にならずに家に帰るっていうバージョン。
どちらにしろ俺のものは俺のもの、マートルの体も美しいデイジーも俺のもの、誰にも絶対渡さない感が強いトム達だった…。

ジョージとマートル夫妻

グレイト版は困った嫁だけどマートルの為に頑張っちゃう!マートルいないと生きていけない!っていうジョージだったけど、グレート版はマートルが側にいてくれるなら困った嫁でも朝帰りでも文句は言わないよ。マートルが自分の全てっていう超優男ジョージ。
結局一緒やん!って思われるかもだけど、違うんだよ!!!
畠中さんのジョージ・ウィルソン優しさが滲み出すぎてて、コングさんの時のような狂気さが感じられないジョージやったんですよ!!!優男すぎてしんどい!!!!
そのせいでちょっと空振り(?)を食らった気分やったんですけど、どっちのジョージもマートルへの愛に溢れたジョージ・ウィルソンなので好きです。
あと観終わってから畠中さんの考えが書いてある某所読んだんですけども、まあ頭抱えるしかなかったですね。ギャツビーの中でジョージの株がさらに上がった。(実はジョージ・ウィルソンが1番好きです)
CDにジョージの2曲はありますよね!?楽しみにしてますね!?!?(CDはベスの時に買う予定なのでみてません)
マートルはどっちも自分勝手なのは同じだけど、グレート版の方がちょっと裕福さありそう←
個人的にはもうちょっとジョージの出番欲しかったです>グレート版
と、いうのまで書いてていうのあれなんですけど、2回目観たら、マートル殺されたあとからの畠中ジョージの目が狂気に満ち溢れすぎててめっちゃ怖かったし最高でした…( ; ; )
私の求めてたジョージ・ウィルソンこれですよ…!
あの優しさの塊でしかなかったジョージ・ウィルソンがマートル殺されて気が狂ったかのようなお姿…もう観てるだけでつらいし、マートルが羨ましい。
マートルはジョージのことをそんなに愛してなかったけども…ジョージの愛はギャツビーに負け劣らずかっこよくて素敵でした…。。

○ニックとギャツビーの出会い

グレイト版はニック側もギャツビーの事気にしててたら招待状が届いたって状態だったのに、グレート版は引っ越して早々(?)招待状が届いたような雰囲気でちょっとビックリした。冒頭から全然違うじゃんwwwって。(グレイト版はデイジー宅が先だった)
そりゃあグレート版ニックも慎重になるよ…笑

○ニックのポジション

グレイト版は原作と同じくニックが語りって感じなんですけど、グレート版はニックも出演者の1人でしかなくて、あんまり語らない。というか、空気感が増しすぎてそう感じられなかったのがあるかも。
あとグレート版は出来る商社マンって感じの衣装なのに、グレイト版はニックさん本当に働いてます?って感じの衣装だったからお金のある東宝との差をみせつけら(ry ニックとジョーダンの関係も、グレイト版はジョーダンにしつこく絡まれてジョーダンから「付き合いましょ?」でお試しのように付き合い、同じくジョーダンから「別れましょ?」で引き離されて…嵐に遭遇したって感じなのに、グレート版は徐々にニックもジョーダンもお互いに惹かれあって付き合う…けども、ジョーダンの気まぐれで別れる感じでこんなに違うのかと…。
ニックとトムもグレート版の絡みが結構少なかったような…。兎に角ギャツビーとデイジー!!感が強い。ニックは2番手。

○時代背景が明確かどうか

これグレート版だと禁酒法だとか、結構時代背景が出てるんですよ。グレイト版は全然そんなことなくて、そんなこと言ってたかなぁっていう程度。
つい最近禁酒法が~っていうのが出てくる作品を見ていたのでちょっと時代がわかりやすかったっていうのはあります。(でもなくてもよかった)

こんなもんでしょうかね…?
あとまあ…グレート版はアンサンブルにも知ってる方が結構いてそこらへんは見どころ満載で楽しかったです。
カテコのカーテン閉める間際に安倍さんと木内さんでハート作ってたりとか……めっちゃ男性アンサンブル仲良しですよね…笑

正直グレイト版のほうがギャツビー→→→←デイジーっていう愛の重さで、グレート版はギャツビー→→→←←デイジーっていうちょっとデイジーからもギャツビーに愛が多いギャツビーでくどいというか…もうおなかいっぱい感あったので、グレイト版のほうが僅差で好きでした。

ジョージウィルソンを何度も観るならグレート版ですけどね!!!でも出番少なすぎてチケット増やす気が起きませんでした!こんなファンでごめんなさい!!!   (その他のキャラはどっちも好きです)

とりあえず現状だとどっちも再演の可能性はなさそうですけど、いつまでも待ってます。。(あと11月発売のCDも)